インポテンツ治療法@タイプ別で治療を考える

飲み薬・インポテンツ治療法

インポテンツ,治療法

バイアグラが登場するまで、勃起のためだけに専門に開発された薬というものはありませんでした。

 

しかし、インポテンツの治療に飲み薬が利用されることはよくあります。ビタミン剤・ホルモン剤・血管拡張剤・漢方薬など、書状によって様々な薬が処方されてきました。

 

例えば飲み薬の血管各商材は、本来は閉そく性動脈硬化症などに用いる薬です。したがって注射剤の用にペニスの動脈だけを拡張するわけではなく、全身の血管に影響を与えることになってしまいます。そこで、例えば7割、8割は自力で勃起するが後を補強したいいという場合にはこうした飲み薬が適応になることが多い。効果が表れるのに1時間ぐらいだとされています。

 

漢方薬には滋養強壮を打ったっているものが数多く存在します。多くは血管拡張剤と同じように、血流の増大を促す効果があるようである。

 

しかし、強壮剤は注意が必要だ。特に男性ホルモンが入っている強精剤は副作用が怖い。たとえば完全な勃起不能というわけでもないのに、精力減退を理由にこうした薬も用いていると体がそれに依存してしまい、その結果、本物のインポテンツになることがあるのです。

 

るまり、体内の男性ホルモンのレベルはいつも同じくらいに保たれているので、それまでは自分の体で男性ホルモンを作っていたのに、強壮剤によって急に外部から男性ホルモンが供給されると、体は自分で作る必要がないから生産を中止してしまう。

 

すると男性ホルモンの服用をやめても生産を開始せず。その結果、男性ホルモンが欠乏してインポに陥ることがあるのです。

 

アメリカでは1996年夏「若返りと老化に深い関係を持つ夢のホルモン」として話題を呼んだDHEAが栄養剤として市販が認められた。DHEAはテレビなど度で次々と紹介されて以来、少しでもその恩恵を受けようと一般人が殺到している。DHEAと言うのは、主に副腎不皮質で分泌されるホルモンでデヒドロエピアンドロステロン(de hydro epi androsterone)
で頭文字をとったものです。

 

人間の体内に一番多いステロイドホルモンで、副腎で分泌されたDHEAの大部分はDHEASとして安定します。これはほかの多くの重要なホルモンに変えられ代謝されますが、特に男性ホルモンのテストステロンと発情ホルモンのエストロゲンの前駆物質となります。

 

人間は120歳まで生きられるようにできていて、DHEAはこうした本来の長寿プログラムにかけているものを与え、早期の死の原因をなる病気にかからないようにするのです。

 

人間の体内にあるDHEAの量は、20歳から25歳でピークを迎え、それ以降は毎年2%ずつ減少、40歳までには20歳の時の半分の量になります。年齢とともに体力が減退するだけでなく、記憶力も低下、中には気分が沈み、うつ状態になる人が最近多くなってきていますが、このDHEAの減少に原因があるとされています。

 

DHEA剤を飲んだ多くの人が「性的能力が回復した」「セックスへの関心が蘇った」「元気が出た」「体力がついた」「健康・幸福感を感じた」と証言しています。

 

DHEAはインポテンツの有力な治療薬の候補に挙げることができます。直接男性ホルモンを投与するのではなく、間接的に男性ホルモンを高める機能なので、男性ホルモン配合の強壮剤の用に依存体質になる心配も極めて少ないのです。